真空管ギターアンプを使って自宅録音を可能にしたのがこの「SILENT AMP」

 

24ミリ厚のバーチ材と鉛シートで遮音されたキャビネットの内部に、10インチのスピーカーを搭載した。遮音されたキャビネット内部に、マイクをセットすれば、まるでブースに入れて録音しているような感じでレコーディングすることができる。ギターアンプシュミレーターとは違い、本格的な真空管ギターアンプの音をマイクで録音することが可能になる。実にアナログ的発想だが、世界的にみても珍しい製品である。

 

サウンド的には、SHINOSのメイン機種「LUCK6V」と同じように設計されたプリアンプ回路に、パワーアンプ部は6V6GTを2本を使い出力20Wのアンプとした。

 

近年、イヤーモニターをライブで使うのが主流になってきたこともあり、ステージ上でアンプの音を出さない現場も増えてきた。今後、イヤーモニター現場で活躍するギターアンプになるだろう。

Output Power : 20W
Speakers :  Jensen Tornado Neodymium, 1×10" 8Ω
Output Tubes : 2 × 6V6
Preamp Tubes : 3 × ECC83
Rectifier :  Solid State
Preamp Channels : 1 Channel
Front Controls : Volume, Boost Switch, Treble, Middle, Bass, Master Volume, Boost Switch
Back Panel Controls : Adjust bias, Digital bias meter, Tube select
Cabinet : Screw jointed, Finland Birch cabinet,
Weight : 28kg
Dimensions : 455mm(W)×349mm(D)×495mm(H)
Color : Black

NEWS

SHINOS OFFICIAL ONLINE SHOP にて販売を開始いたします。

October 02, 2019

SHINOSより直接お客様に販売するOFFICIAL ONLINE SHOPをスタートしました。ONLINE限定商品もございます。お客様へのよりよいサービスを提供していきます。

https://shop.shinosamp.com

NAMM SHOW 2019

January 21, 2019

1/24-27までアメリカアナハイムで開催されるNAMM SHOW 2019へ出展いたします。Booth 3139です。日本からのお客様もお待ちしております。

オウンドメディア「CROSS BRIDGE」を立ち上げました。

December 06, 2018

ずっと温め続けてきたオウンドメディアCROSS BRIDGEを立ち上げました。ギタリストの皆様のお役にたちたいと思い、プロフェッショナルな目線での発信をしていきたいと思います。メインコンテンツの「The SAMURAI Road Crew」は、日本のトップミュージシャンを支えるトップギターテクニシャンを紹介するYouTube番組です。第1回目は山下達郎「PERFORMANCE2018」の中野サンプラザ公演に潜入。ステージ下手の袖中にはテクニシャンの基地ともいえるスペースがあった。そこには山下氏が実際に本番で使用するギターが!!

1 / 12

Please reload

Copyright2006 SHINOS AMPLIFIER COMPANY. Allright reserved.